専業主婦でもキャッシングが利用できる?

夫に内緒でお金を借りたい…専業主婦でもキャッシングってできるの?

冠婚葬祭やママ友付き合いの急な出費があったり、夫の収入が少なく月々の生活費がカツカツだったり…家計をやりくりする主婦だからこそ、どうしても急ぎで、しかもできれば夫には内緒で現金が必要になることってありますよね。そんな時、キャッシングが利用できたら便利ですね。実際のところ、専業主婦でもキャッシングでお金を借りることはできるのでしょうか?

全く働いていない完全な無収入の専業主婦の場合、夫の同意なしで借り入れをするのはかなり難しくなります。というのも現在の貸金関係の法律に『総量規制』というものがあります。借金の総額が収入の三分の一を超えてはいけないというものです。つまり全く収入のない人はお金を返す見込みがないのでお金を貸してはいけません、ということになるのです。逆に言えば、パートやアルバイトなど少しでも収入があれば、専業主婦でもお金を借りることができる可能性があります。

どこかの金融会社からお金を借りようと思うと、必ず審査があります。その審査基準は様々ですが、なんにせよそれに通らなければ当然お金を借りることはできません。ちなみに法律上では、借り入れの際に収入証明が必要になるのは限度額50万以上からと定められています。つまり限度額50万円以下なら、会社によってはパート程度の収入の専業主婦でもお金を借りられる場合があるのです。また、この総量規制などの法律が適用されるのは消費者金融など貸し付けを専業にしている会社のみです。つまり、銀行系のカードローンはその対象から外れているというわけです。銀行系カードローンは金利も低めですし、専業主婦が利用するなら、よりおすすめと言えるでしょう。

夫に内緒で、というのも忘れてはいけません。うまく自分の名義で借り入れができたとしても、書類が郵便で届いたり、電話で連絡が来たらばれてしまうかもしれません。インターネット上ですべての手続きが済ませられるなど、自宅に借り入れの証拠が残らない会社を選びましょう。

できればキャッシングで家計をやりくりするなんて避けたい、でもどうにもならない時ってありますよね。キャッシングとは言っても借金ですから、日常化するのは考え物ですが、無理のない範囲で上手に利用すれば困った時の助けになるはずです。