本人死亡の場合借金はどうなるのか?

本人死亡の場合、借金は返済しなくていい?気になる疑問に答えます!

長引くこの不景気の中でやむにやまれぬ事情でキャッシングを利用して借り入れをしている人は少なからずいます。順調に月々の返済をしていければ、全く問題はありません。でももしも借りている本人が不慮の事故や病気で死亡してしまったら、その借金はいったいどうなってしまうのか、考えたことはありますか?

結論から言うと、本人が死亡しても借金は残ります。財産などの相続と同じように、借金などの負の遺産も相続人に引き継がれるように法律で定められているのです。したがって本人が死亡した場合、相続した人間が本人に代わって返済をしていかなければいけないということになります。

もしも財産よりも負債が多く、相続した借金が返せる見込みがない場合には、借金を返済しなくてもいいことがあります。相続する人が、相続破棄をするのです。この相続破棄を相続する人全員が行うことで、借金を返済する義務を負わなくてよくなることになります。

ただしこの相続破棄は本人が亡くなってから3か月以内には行わないと、自動的に相続されてしまうので注意が必要です。ただし、本人が亡くなってから3か月以上たって自分が相続する立場であると判明した場合には、期限を過ぎていても相続破棄が認められることもありますが、100%とは言えません。また、この相続破棄をしてしまうと、借金などの負債だけでなく財産まで相続権を放棄することになります。

財産は引き継いで借金だけを逃れるということはできないのです。したがって、借金があるというだけですぐに相続放棄する前に、本人の正負合わせた遺産をよく確認するのがベターです。

本人にとっても周囲の人にとっても、死亡してしまったら…なんて あまり考えたくないことです。それでも万が一の時の知識をしっかり持っておくことはとても大切なことなのです。実際にその状況になって慌てることのないように、知るべきことをしっかり知っておきましょう。