借り入れ審査で職場に電話がかかってくる?

職場に電話がかかってくるってホント?借り入れ審査に詳しくなろう!

キャッシング会社から借り入れをしようと申し込みをしたとき、まず最初の関門となるのが審査です。だいたいほとんどのキャッシング会社では、その人にお金を貸しても大丈夫かどうかを判定する審査基準を設けています。これに通って初めてお金を借り入れることができるのです。特にキャッシングを利用するのが初めての人にとって、審査はわからないことだらけで不安なものですよね。会社や家に電話がかかってきたりすることもある、なんて人から聞かされて余計に心配になったりすることもあるのではないでしょうか?無駄な不安を抱えずに済むように審査のポイントを知り、審査に詳しくなりましょう。

一般的にキャッシング会社が審査基準とする項目はだいたい2つに分けられます。収入と借り入れ状況です。この中でも収入というのは、その人の返済能力を測る基準であり、借り入れの限度額を決める重要なファクターになります。この収入を確認するために、収入証明を提出することを求められる場合があります。その場合、本当にその書類通りの勤務先で働いて収入を得ているかを確認するために、在籍確認という目的で職場にキャッシング会社から電話がいくことがあるのです。ただしキャッシング会社からだとわからないように個人名などで電話をかけるのがセオリーですので、心配する必要はありません。

借り入れ状況もとても重要な項目です。他社から多額の借り入れがあったり、返済の延滞履歴があると、審査通過は厳しくなります。また、短期間に複数の会社から借り入れをしている場合なども同様です。金融会社というのは、個人の信用調査機関でデータを共有している場合がほとんどです。したがって、他社からの借り入れをごまかすなど、虚偽の申告をしてもわかってしまう可能性が高いので、借り入れ状況は正直に伝えた方がよいでしょう。

そのほかにも年齢や住居形態などが審査項目となることもあります。会社によって審査の基準は全く一緒ではないので、一社で審査を通らなくても、別の会社で通ることもあります。その会社がどのような審査基準を設ているかしっかり調べておくことも、自分に合うものを選び、上手にキャッシングを利用する1つのポイントなのです。