キャッシング プロミス

キャッシングの老舗、プロミスは信用力が一番強い!

プロミスというのは約束するという意味の英語です。キャッシングのプロミスは創業当時、融資の条件として当たり前だった、保証人や印鑑証明、近隣への聞き取り調査なんてものを全て取り払ってしまいました。それは借主とプロミスが、お互いに約束を守ることで、お互いに対等で明るいお取り引きをしようという、借主のことを考えたシステムを開発した創業者、神内良一氏が、その理念の象徴として社名にしたのだそうです。

では、プロミスの歴史を見てみましょう。

1962年、神内良一が関西金融株式会社を設立、これが始まりになります。その後1年で2回社名を変更し、1963年に関西プロミス株式会社になります。

1969年には東京プロミス株式会社として東京に進出します。このときはまだ別の会社ですが、1970年には関西プロミスと東京プロミスの営業担当としてプロミス株式会社が設立されます。

1971年には事業再編で社名が一部変更となり、プロミス株式会社、関西プロミス株式会社、東京プロミスの3社体制になりました。しかし、三年後の1974年には、関西プロミス株式会社と東京プロミス株式会社が合併して、社名がプロミストラスト株式会社になりました。

1974年、消費者金融業界では初となるコンピューターシステムを稼動させたのも、プロミスです。

1980年、休眠会社の小倉商事株式会社が、プロミストラスト株式会社、プロミス株式会社、トラスト株式会社、天満クレジット株式会社の4社を合併し、社名をプロミス株式会社に変更します。同年、店舗数が100店を達成しています。

1985年、ついに2本社制が廃止され、本店が東京都千代田区に移転しました。

1999年に、思い切ってそれまで使用していた青い看板を廃止して、新シンボルマーク制定しました。「黄色い看板プロミス」とCMし始めたのもここからです。

この度2012年、SMFGとの間で株式交換を実施することで、SMFGの完全子会社となるようです。

さすがに老舗だけあって、ネタに事欠かないようです。