借りたお金を上手に返済して支払総額を減らす

支払総額を減らしたい!借りたお金の上手な返済のコツとは?

キャッシング会社のコマーシャルがテレビで頻繁に流れていたり、ATMで手軽にキャッシングができたり、私たちにとってキャッシングというものはかなり身近に感じられるようになっています。そうはいっても借金に変わりはありません。やむにやまれぬ事情があって借り入れをしたとしても、できるだけ早く返してしまおうという気持ちは常に持っていたいですよね。実はこの『早く返してしまう』ということが、返済の総額を減らすことにもつながるというのはご存知でしょうか?

基本的に、借り入れたお金の返済は月々決まった額、決まった日にという計画に沿ってしていくものです。無理な返済はさらに借り入れを増やしてしまうもとですから、この計画通りにしっかりと着実に返済していくということは、とても大事なことです。でももしも臨時収入があったりして、返済に余分にお金を回せそうという時には、少しでもいいので早めに繰り上げ返済することをおすすめします。繰り上げ返済のメリットは2つあります。1つは元金が減らせることです。元金が減れば当然ながら元金にかかる利息も減らすことができます。もう一つは返済期間が当初の予定より短縮できることです。返済が長引けば長引くほど利息は膨らむものです。返済期間が短くなれば利息の支払いをさらに減らすことができるのです。

さらにこの繰り上げ返済を有効にするために、返済のタイミングも重要になります。キャッシング会社には個人の返済日とは別にその会社の締日というものがあります。この締日に残っている借り入れの金額に基づいて利息が決定されるのです。したがって、締日以降に繰り上げ返済をしても次回返済の際の利息金額は変わりません。繰り上げ返済するなら返済日から次の締日の間を狙うのがよいでしょう。借り入れが多額であればあるほど、このわずかなタイミングの違いが金額に影響します。

繰り上げ返済に多くのメリットがあることがわかっていただけたでしょうか?ただしだからと言って生活費を削ってまで繰り上げ返済をする必要はありません。上でも述べたように、無理な返済はかえってさらに借り入れをしなければいけない状況を作ってしまうこともあります。あくまで無理のない範囲で、確実に完済するという意識を忘れないようにしてください。