キャッシング比較 札幌

年度末だけキャッシングを使わなければならない、中小企業の悲哀

札幌市在住 O.Aさん(42歳)
一般的にサラリーマンをしている人たちと違って、自営業で仕事をしているとどうしても年度末というのは大変になってきます。なぜかというと年度末だけは本当に出費も多ければ入金の催促などもしなければならず、これが大変なのです。数字はこの作業に費やされます。

また、確定申告なども時間が取られてしまい、どうしても通常業務から離れてしまうのです。ある程度は仕方ないかなと諦めてはいますけれども。ただ、もう一つ年度末といえばやらなければならない作業があったりします。それがキャッシングです。

キャッシングをなぜしないといけないか?というと、出費が多くなるという話をしたと思いますが、税金の出費が増えるのです。売上が多いところだと、消費税の支払いなどもしないといけないのですが、これにキャッシングを使わざるを得ない状況なのです。

一般的な生活費に使うキャッシングでは無いので、入金があればそれを返済に充てることができるところ、というように比較すると、この中小企業や零細企業、個人事業主の事をよく理解してくれているキャッシングを使うことになります。一般的なところと比較して、中小・零細企業がキャッシングしやすい所も多いのです。

私は今のところ、キャッシングがあることでなんとか生活や事業を営むことができています。それも比較的事業者に対して優しいところが存在しているからです。こういうところがないと、今後は廃業も考えないといけなくなるでしょう。

とりあえず資金面というのはいつまでたっても落ち着かないものです。この資金面を何とかしてくれているキャッシング業者がもっとたくさんあればいいのに、と思います。特に中小・零細企業向けに比較的貸してくれるところが増えて欲しいですね。

私はまだましな方ですから。もっと厳しい自営業者もいますし、理解して欲しいです。