低金利 キャッシング

キャッシングでよく目にする低金利とは

キャッシングをする際、低金利という言葉をよく目にします。金利というのは、言ってしまえば利子そのもの、あるいは借りた額に対する利子の割合を指す言葉であり、低ければ低いほど借りた側にとっては嬉しいものです。つまり、低金利とは借りた額に対して支払うべき利子が少ないということになります。

しかし、一概に金利の安いもの、高いもので分けることは難しいというのも事実です。これは、金利が基本的に変動するものであるからです。貸した金額が手元に有る場合の価値とでも言い換えられるでしょうか。国の経済状況によって紙幣が紙切れになってしまったり、逆に価値が大きくなったりすることも有ります。その場合にそれ以前と同率の金利では割に合いません。また、貸す相手が資金を返す信頼が有れば、言い換えれば誰からも資金を借りれるような場合、信用の無い人に融資するよりリスクが少ないので金利を下げる理由になり得るでしょう。借りる期間にしても、翌日に返せる場合と一年後に返せるというのでは、翌日に返せる方が信頼度も高く、何よりその金額を手元に置いている期間も短くなる訳ですから当然金利も変わってくるでしょう。

こうなってくると、単純に低金利と言われても何が良いのか分かりません。しかし、それこそが、答えなのだと思われます。大手だけでも何社もある個人向け融資、私たちはその中から自分たち自身、個人個人に適したものを選択できるということなのではないでしょうか。